リノベーションする際の入居者への対応(退去)

現在のアパート・マンションをリノベーションする際には、

現在の入居者に退室してもらわないといけません。

実は、これは結構大変な仕事です。


仮に、躯体に致命的な欠陥があった場合、

入居者には、「危険だから、改築しますので....、」と説明するので、

建て替えが終わるまでの保障が必要です。

もちろん、交渉は個別。


1ヶ月のフリーレント+引越し代で済むケースなど、まちまち。


ただ、更新時期を上手く利用できれば、

昨日更新した人がいたとしても、

その人の次回の更新期限までには、

全員退去してもらうことができます。

 

収益アパートマンション経営は、長期戦。

それだけに、

最初の賃貸契約書の内容も重要です。

駐車場と異なり、居住権は法律で守られるので、

将来の経営計画に基づいて、

契約書を作成し、

入居者を選び、

家賃は、持ってきてもらうなど、

日頃からコミュニケーションをとっておきましょう。

 

 

(収益アパートマンション経営研究所:永井 博之)

 

 

メールマガジン.png 

収益アパート・マンション経営研究所では、賃貸経営に役立つ情報を毎週お届けしています。
是非、ご登録ください。 →ご登録はコチラ

 


■関連リンク

⇒「収益アパート・マンション経営のノウハウ」トップ
⇒狭小土地の有効活用はどうすれば?
⇒築年数の古いマンション・アパートの経営改善ノウハウは?

⇒空室を埋めるにはどうしたら?
⇒建築やリフォーム会社の選び方は?
⇒リフォームとリノベーション何が違うの?
⇒今の土地で部屋のスペースを広くする方法は?
⇒騒音対策を簡単に出来る方法はないの?
⇒水周りの配管や設備を低コストで修繕する方法は?
⇒併用住宅について

 

▲TOPへ戻る

収益アパート・マンション経営情報
収益アパート・マンション経営のノウハウ www.apartmansion-keiei.jp
狭小土地の有効活用や、築年数が古く空室の目立つマンション・アパートの経営、併用住宅の課題など、満室経営に役立つ正しい知識と経営ノウハウ。


杉並区の利点と賃貸経営最新情報  www.apartmansion-keiei.jp

杉並区は、収益アパート・マンションのニーズは非常に高く、安定したアパート・マンション経営ができる希少なエリア。高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・永福町・浜田山など都内屈指の人気住宅エリアの最新情報。
 
経営セミナーのご案内  www.apartmansion-keiei.jp
収益アパート・マンション経営者向け、「満室経営セミナー」のご案内。

メールマガジン  www.apartmansion-keiei.jp
満室経営を目指すオーナー向け、メールマガジンのご案内。


収益アパート・マンション経営研究所 築古アパート再生体験ガイドブック.png
当研究所所長の松島の築古アパート経営再建の実体験を、小冊子にいたしました。空室が埋まらないことでお悩みのオーナー様や、相続により収益物件を引き継ぐ予定の2代目オーナー様向けに、杉並の街の歴史とともに生の再生体験をまとました。 
→小冊子についての詳細はコチラ