アパートのトラブル対策<水漏れ>

収益アパートやマンションは築年数が経過するにつれいろいろな

トラブルが発生してきます。


代表格としては、水漏れがあげられるのではないかと思います。

水漏れといっても原因はさまざま。

屋根が原因の雨漏り、配管、室内の防水(特に浴室)が原因の水漏れが、

トラブルとして聞かれます。


今回は実際の相談例と対策をご紹介したいと思います。

この建物は都内にある築30年以上の軽量鉄骨のアパートです。

外観.jpg

オーナー様からのご相談内容は1階の入居者から過去数回にわたり、

天井からの水漏れの苦情が出ていたそうです。

経緯をお聞きすると、苦情が出るたびに業者に依頼して対応をしていたそうですが

しばらくすると再発を繰り返すということで、今回のご相談となりました。

実際に現地で調査し、入居者の方のお話も伺ってみるとどうやら雨漏りでは

なさそうでした。(水漏れは雨の日に限ったことではないとのこと。)

入居者の方とオーナー様にご了解をいただいて天井を開けてみると、

2階の浴室の防水に亀裂が入り、そこから水が浸入していたのが原因でした。

浴室-施工前.jpg 施工前

浴室-施工後2.jpg 施工後

最近の浴室はユニットバスになっていますので、配管が外れたりしない限り

めったなことでは水漏れしないのですが、昔ながらの防水モルタルとタイル張り

の浴室のため長年の経年劣化で防水層に亀裂が入ったものと思われます。

2階の浴室については、壁面にも亀裂が入っており、水が染み込んで

階下へ流れることもあるので浴室全体の防水をやり直しました。

また、長年の漏水で1階と2階の間の鉄骨の梁が錆びていましたので

補強工事も施工させていただき、工事完了となりました。

また、建物全体をひととおり拝見したところ雨どいも破損部分がありましたので、

早めに修理されたほうが良いでしょう。とのお話しも一緒にさせていただきました。

雨どい-破損箇所.jpg

 

 

 

(収益アパートマンション経営研究所:永井 博之)

 

 

メールマガジン.png 

収益アパート・マンション経営研究所では、賃貸経営に役立つ情報を毎週お届けしています。
是非、ご登録ください。 →ご登録はコチラ

 


■関連リンク

⇒「収益アパート・マンション経営のノウハウ」トップ
⇒狭小土地の有効活用はどうすれば?
⇒築年数の古いマンション・アパートの経営改善ノウハウは?

⇒空室を埋めるにはどうしたら?
⇒建築やリフォーム会社の選び方は?
⇒リフォームとリノベーション何が違うの?
⇒今の土地で部屋のスペースを広くする方法は?
⇒騒音対策を簡単に出来る方法はないの?
⇒水周りの配管や設備を低コストで修繕する方法は?
⇒併用住宅について

 

▲TOPへ戻る

収益アパート・マンション経営情報
収益アパート・マンション経営のノウハウ www.apartmansion-keiei.jp
狭小土地の有効活用や、築年数が古く空室の目立つマンション・アパートの経営、併用住宅の課題など、満室経営に役立つ正しい知識と経営ノウハウ。


杉並区の利点と賃貸経営最新情報  www.apartmansion-keiei.jp

杉並区は、収益アパート・マンションのニーズは非常に高く、安定したアパート・マンション経営ができる希少なエリア。高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・永福町・浜田山など都内屈指の人気住宅エリアの最新情報。
 
経営セミナーのご案内  www.apartmansion-keiei.jp
収益アパート・マンション経営者向け、「満室経営セミナー」のご案内。

メールマガジン  www.apartmansion-keiei.jp
満室経営を目指すオーナー向け、メールマガジンのご案内。


収益アパート・マンション経営研究所 築古アパート再生体験ガイドブック.png
当研究所所長の松島の築古アパート経営再建の実体験を、小冊子にいたしました。空室が埋まらないことでお悩みのオーナー様や、相続により収益物件を引き継ぐ予定の2代目オーナー様向けに、杉並の街の歴史とともに生の再生体験をまとました。 
→小冊子についての詳細はコチラ