空室対策としての建物管理について考えたことがありますか?

空室対策としての建物管理について考えたことがありますか?

 

皆さんはアパートマンションの管理というとどのようなことを思い浮かべますか?

管理というとまず建物周辺の掃除や入居者の家賃滞納などを管理することを

思い浮かべる方も多いと 思いますが、これは手段であって最終的な目的ではありません。

昔多かった管理のしかたとして募集だけ不動産業者に頼んで掃除などは自分でやっている

という オーナー様も多く、募集もそんなに気にしなくとも部屋は埋まったものでした。


オーナー様自身が建物の近くにいれば様子を見に行ったり、何らかのトラブルがあっても

対応がしやすい ということがありますが、遠くに物件がある場合はそうもいかないですね。


最近のアパートマンションのオーナー様はほとんどの方が高い手数料を払って管理会社に

清掃から 集金まで任せている方が多く、しかも相手はプロだからとほぼ任せっきりにしている

ケースも多いのではないでしょうか。


しかし、新築のときはすぐに入居の申し込みが入ったのに、築年数が相当経ち空室が

ちらほら目立つようになってくるとなかなか次の入居者が決まらない。

なぜ、なかなか部屋が埋まらないのかその理由を聞いても多くの不動産業者は近隣の事例

を出してきて、家賃を下げるようにアドバイスしてきたりします。


本当の管理とは、入居者のニーズをとらえた家賃設定や設備を整え入居者に住んでみたい

と感じてもらわなくてはなりません。また、現在住んでいる入居者には快適であると感じて

もらうことで、長期に渡って住み続けてもらうことも必要でしょう。


そのためには管理会社や不動産業者にまかせっきりにせず、オーナー主導で入居者の立場に

立った経営を心がける必要があるのではないでしょうか。


管理の最終的な目的は建物がある限り、

入居者を獲得し続け安定した収入を上げることなのです


ニーズの変化に臨機応変に対応するためには、

私は常に情報収集を怠らないことが大切だと思います。

 

(収益アパートマンション経営研究所:永井 博之)

 

 

メールマガジン.png 

収益アパート・マンション経営研究所では、賃貸経営に役立つ情報を毎週お届けしています。
是非、ご登録ください。 →ご登録はコチラ

 


■関連リンク

⇒「収益アパート・マンション経営のノウハウ」トップ
⇒狭小土地の有効活用はどうすれば?
⇒築年数の古いマンション・アパートの経営改善ノウハウは?

⇒空室を埋めるにはどうしたら?
⇒建築やリフォーム会社の選び方は?
⇒リフォームとリノベーション何が違うの?
⇒今の土地で部屋のスペースを広くする方法は?
⇒騒音対策を簡単に出来る方法はないの?
⇒水周りの配管や設備を低コストで修繕する方法は?
⇒併用住宅について

 

▲TOPへ戻る

収益アパート・マンション経営情報
収益アパート・マンション経営のノウハウ www.apartmansion-keiei.jp
狭小土地の有効活用や、築年数が古く空室の目立つマンション・アパートの経営、併用住宅の課題など、満室経営に役立つ正しい知識と経営ノウハウ。


杉並区の利点と賃貸経営最新情報  www.apartmansion-keiei.jp

杉並区は、収益アパート・マンションのニーズは非常に高く、安定したアパート・マンション経営ができる希少なエリア。高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・永福町・浜田山など都内屈指の人気住宅エリアの最新情報。
 
経営セミナーのご案内  www.apartmansion-keiei.jp
収益アパート・マンション経営者向け、「満室経営セミナー」のご案内。

メールマガジン  www.apartmansion-keiei.jp
満室経営を目指すオーナー向け、メールマガジンのご案内。


収益アパート・マンション経営研究所 築古アパート再生体験ガイドブック.png
当研究所所長の松島の築古アパート経営再建の実体験を、小冊子にいたしました。空室が埋まらないことでお悩みのオーナー様や、相続により収益物件を引き継ぐ予定の2代目オーナー様向けに、杉並の街の歴史とともに生の再生体験をまとました。 
→小冊子についての詳細はコチラ